COVID-19における当院の対応について

  • 「37.5℃以上の発熱」や「咳」のある患者さんは診療を延期
  • スタンダードプリコーションの徹底
     当院は、診療前後の手洗い、マスク、グローブ、ゴーグル、ガウン等のPPE(個人防護用具)
     器具の滅菌・消毒、室内換気、診療後の環境表面の消毒、診療前の消毒薬含嗽を徹底
  • 診療と診療のインターバル確保



当院は、COVID-19感染流行前より、口腔外科の観点からの感染予防を実施しており、
詰め込み型の診療・治療は行っておりません
今回はさらにそれに加えて「スタッフの毎日の検温」「室内換気」「診療前の消毒薬含嗽」を
感染対策として行なっております

『不急の治療』に関しては、明確な定義がありませんので線引きが曖昧ですが、
メンテナンスやチェックのフォロー等は延期しても問題ありません